様々な業種がネット通販に参入

通販の用語を学ぶ

レコメンド

通販とダイレクトマーケティング

ダイレクトマーケティングという用語の原点は通販にあり、長らくダイレクトオーダーの獲得と同一視されがちだったものの、今日では個々への直接的プロモーションだけでなく、コミュニケーションとリレーションを組み合わせて展開することで、多様化する顧客のニーズを満たし、継続して良好な関係を築くことを重要視するという概念となっています。Web環境が整備され発展したことにより、顧客一人一人に適切なオファーが可能となりました。参入のしやすさからも今日様々な業種がネット通販に参入し、業績を伸ばしています。今後もダイレクトマーケティングはビッグデータの活用や、メディアとテクノロジーの進化と共に検証と改善を重ねながら、更に領域を広げていくと考えられています。

ダイレクトマーケティングとは

通販用語で使われるダイレクトマーケティングとは、顧客と直接的にコミュニケーションを取り、相手のニーズに合わせてプロモーションを展開する事です。相手の反応を確かめながら出来るので、顧客に必要な商品が提供出来ます。マーケティング手法のベースともなっており、今後の可能性に注目が集まっているのです。顧客との関係性を深め、継続的な売り上げを目指す方法に進化しています。化粧品や健康食品などの通販が原点となっており、今では色々な所で活用されているでしょう。活用が難しい場合は、プロにアドバイスしてもらうのも一つの方法です。

↑PAGE TOP